名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ /とは

/とは―半角スラッシュ記号の意味、使い方

半角スラッシュ記号の「/」について、「/とは何か」、「//とは何か」、「///とは何か」と複数の/をテーマに読み方、意味、使い方をまとめることにしました。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. /とは(半角スラッシュの意味)
2. //とは(半角スラッシュ2つの意味)
3. ///とは(半角スラッシュ3つの意味)
4. まとめ

更新履歴

1. /とは(半角スラッシュの意味)

/とはなにか、読み方や意味、使い方についてまとめていきます。

/の読み方

/の読み方はスラッシュが一般てきです。英語で「slash」です。斜線といったりする場合もあります。

/の意味と使い方

/の意味は、言葉の切れ目を表したり、プログラミングでは割り算の「÷」の意味で使われる記号です。

文での/の意味と使い方

/は、文脈によって「または」か「および」の意味を表します。また、日付の年月日を省略、Webページのリンクなど区切りに使われることもあります。

  • 東京/神奈川/埼玉/千葉
  • 2017/2/28
  • 会社概要/プライバシーポリシー/お問合せ

ITやプログラミングでの/の意味と使い方

/は、ITやプログラミングでは、割り算の÷(算術演算の演算子)の意味やURLやファイルシステムの階層の区切り、正規表現のパターンの意味を表すのに使われます。

  • num = a / b
  • /var/log/messages
  • /ab*c/

/のまとめ

/とは、読み方はスラッシュや斜線で、表示や言葉の切れ目を表すのに使ったり、プログラミングでは割り算の「÷」の意味で使われる記号です。歌舞伎でいう一枚目(主役)みたいな感じですかね。

2. //とは(半角スラッシュ2つの意味)

今度は半角スラッシュが2つの意味について、//とはなにか、読み方や意味、使い方についてまとめていきます。

//の読み方

//の読み方は、ダブルスラッシュ、スラッシュスラッシュ、スラスラといわれるのをよく聞きます。2重斜線ともいえると覆います。自分は2重スラッシュと読むときがあります。

//の意味と使い方

//は、数学の照明やURLのスキーム部分で使われたり、プログラミングのコメント、PerlのDefined-or演算子を意味します。xmlのXPath(SQLみたいなもの)では全ノードの意味で使われます。

  • A ならば B //(数学の証明)
  • 処理 //コメント(プログラムのコメント)
  • https://~(URLのスキーム)
  • my $value = undef // 'default';(Defined-or演算)
  • //* (XPathで全要素選択)

//のまとめ

//とは、数学の照明の終わりのサインの他、URLやパス表記など、ITやプログラミングでよく使われる表記です。歌舞伎でいう二枚目(色男)みたいな感じですかね。

3. ///とは(半角スラッシュ3つの意味)

続いて半角スラッシュが3つの意味について、///とはなにか、読み方や意味、使い方についてまとめていきます。

///の読み方

///の読み方は、スラッシュスラッシュスラッシュ、スラスラスラ、トリプルスラッシュ、3本スラッシュ、3本スラなどいろいろな読み方が使われています。

///の意味と使い方

ツイッターなどのネットの投稿で「赤面している」を表現する意味で使われます。また、ローカルファイルの表記で使われることがあります。

  • 「好きだ!」「えっ?///」
  • PCのリソースにアクセスする際のパス表記でfile://ホスト名/リソースがありますが、ローカルの場合、ホスト名を省略して、file:///リソースパスと表記

///のまとめ

///とは、投稿で赤面を表現やローカルファイルのリソースの場所の表記に出現します。スラッシュも3本になると別の意味になってきますね。歌舞伎でいう三枚目(道化)みたいな感じですかね。

4. まとめ

/とは、読み方はスラッシュや斜線で、表示や言葉の切れ目を表すのに使ったり、プログラミングでは割り算の「÷」の意味で使われる記号ですが、複数になってくるとプログラミングのちょっと高度な操作に使われたり、感情表現に使われています。イメージを歌舞伎でいうと以下かなと思います。

  • /は、一枚目のそのまま主役。
  • //は、二枚目の美男子。
  • ///は、三枚目の道化。

更新履歴

  • 2021/1/26 記事をUPしました。

戻る

カテゴリ

検索

名科辞典とは

名科辞典は、辞典コンテンツを提供している辞典サイトです。 これは何?情報は?にこたえるコンテンツをテーマにしています。