名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ 努努とは

努努とは―読み方は「ゆめゆめ」。現代での意味、古文での意味など。

努努とは何か読み方は「ゆめゆめ」。現代での意味、古文での意味などの情報をまとめました。

1. 努努の読み方と意味

はじめに、努努の読み方と意味について見ていきます。

努努の読み方

努努の読み方「ゆめゆめ」です。

ゆめゆめの意味

「ゆめ」を重ねて強めた語の意味があります。

漢字で努努

漢字で努努と書きます。

「ゆめ」の意味

「決して」といった副詞と同じように、あとに禁止表現をともなって、強く禁止する気持ちを表します。

2. 努努の古文での意味

努努の古文での意味を見ていきます。

努努の意味

努努には以下の意味があります。

  • <あとに禁止を表す語を伴って>決して。断じて。
  • <あとに打消しの語を伴って>少しも。まったく。
  • つとめて。心して。

例1)決して。断じて。

「ゆめゆめ軽々しく、よからぬ方にもてなし聞こゆな」(源・椎本)

例2)少しも。まったく。

「ゆめゆめ疎略を存ずまじう候ふ」(平家・七・忠度都落)

例3)つとめて。心して。

「汝、なほ、ゆめゆめ仏を念じ奉り」(今昔・十二・二八)

3. まとめ

努努とは何か読み方は「ゆめゆめ」。現代での意味、古文での意味などの情報をまとめました。

今はほぼ使わない言葉ですね。

更新履歴

このページの更新履歴です。

  • 2018.03.25 ページをUPしました。

戻る