名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ ワードプレスとは

ワードプレスとは―ホームページのCMS。初心者向けの使い方を解説。

ワードプレスとは、CMS(コンテンツ管理システム)です。ホームページを運用するための便利なツールです。初心者向けにワードプレスの使い方について解説していきます。

1. ワードプレスとは

ワードプレスとは、英語でWordPress。ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースで無料で使えるCMSです。

CMS

CMSはContents Management Systemの略です。 ホームページのコンテンツ管理システムです。

ワードプレスは、世界でもっとも利用されているCMSの1つです。

オープンソースなので無料で使えます。

コードスキルが無くても使える

HTMLなどの知識がなくてもMicrosoft Officeのワード感覚でページが作成できます。

プログラミングなどわからないホームページ初心者でもホームページをカスタマイズしたり記事の更新ができます。

ホームページのデザインや便利な機能が提供されていて、ダッシュボードの操作でカスタマイズでき、アクセスUPなどのサイト改善に集中できるメリットがあります。

幅広く便利な機能

ワードプレスは、ホームページ用の便利な機能があります。

  • カスタマイズ可能なデザイン
  • SEOフレンドリー
  • レスポンシブサイト
  • スマホなど外出先でも管理
  • セキュリティ機能
  • 写真などメディア管理
  • 簡単でアクセスしやすい

ホームページの基礎知識

この記事ではホームページやワードプレスの初心者を想定しています。
初心者ということでワードプレスの使い方の説明の前にホームページとはどのようなものか簡単に触れていきます。

初心者向けのホームページの基礎知識イメージ

ホームページとは

ホームページとは、ブラウザで閲覧するウェブページ、ウェブサイトの総称です。

URLでアクセスしてページを表示します。

HTMLという言語のコードで記述されます。

URLとは

URLはウェブページの場所を表す表記です。

http://やhttps://などの通信規約の後にドメイン名、ページの場所で表します。

例)https://domainname.com/foldername/filename.html

ドメインとは

ドメインはサーバのIPアドレスにつけられた名前です。

あらかじめDNSサーバにIPアドレスとドメインを登録することで利用できます。

通常自前ではなく、お名前.comやバリュードメインなどのサービスを利用します。

ホームページ用のサーバ

ワードプレスなどホームページを公開するにはホームページ用のサーバが必要です。

初心者の方はレンタルサーバを利用するのがおすすめです。

さくらのレンタルサーバやXサーバが有名です。

2. 使い方のポイント

初心者向けのワードプレスの使い方について解説していきます。

初心者向けの使い方

ワードプレス初心者向けの使い方のポイントです。

導入は詳しい人にお願いするか、ワードプレス対応のレンタルサーバを利用してマニュアルに沿って導入します。

ワードプレスのダッシュボードのログインページ(wp-login.php)よりログインして、投稿画面のりページ作成、更新します。

ホームページを作る方法

ワードプレスはテーマを選択してホームページが作れます。

テーマは自作も可能ですが、様々なベンダーが無料でも提供しています。

またお問合せフォームなど必要に応じてプラグインを追加して機能追加も行えます。

スマホで更新

ワードプレスの記事はウェブページのダッシュボードから行えますので、スマホでも更新が行えます。

記事以外に上述のテーマの設定からプラグインの設定もダッシュボードで行える作業はスマホで行おうと思えばできてしまうので便利です。

3. インストール方法

ワードプレスはダウンロードしてきたアーカイブを解凍して、wp-config.phpのデータベースの接続情報などを修正して、その後Webページのセットアップ画面にてインストールが行えます。

レンタルサーバなどではボタン一つで自動インストールしてくれるところもあります。

インストールしたらダッシュボードの操作中心にカスタマイズしてホームページを作成していけます。

4. ログイン方法

ワードプレスは、ダッシュボードという管理画面にログインして記事の投稿などを行ってホームページを更新します。

初心者向けのホームページの基礎知識イメージ

ワードプレスのログイン画面のURL

ワードプレスのログイン画面のURLは、特に設定していない場合は「<ワードプレスを設置した場所のURL>+wp-login.php」です。

以下は、よく見るURLの例です。

例1)https://www.naka-jiten.com/wp-login.php
例2)https://www.naka-jiten.com/wordpress/wp-login.php
例3)https://www.naka-jiten.com/wp/wp-login.php
例4)https://www.naka-jiten.com/blog/wp-login.php

ワードプレスのログイン画面がでない場合

ワードプレスのログイン画面がでない場合はワードプレスのトップページが表示されるか確認しましょう。

先ほどの例でいうとトップページのURLは以下です。

例1)https://www.naka-jiten.com/
例2)https://www.naka-jiten.com/wordpress/
例3)https://www.naka-jiten.com/wp/
例4)https://www.naka-jiten.com/blog/

トップページが表示されないようでしたら、まずはワードプレスの設置場所を確認し、その位置のURLであるトップページのURLの確認します。

ワードプレスの設置場所のURLは正しいのにトップページが表示されない場合は、インストール条件をクリアしていない、インストールが正しく行われていない、などの可能性がありますのでインストール条件とインストール手順を確認しましょう。

5. ダッシュボードの使い方

ワードプレスのダッシュボードは、ワードプレスの管理エリアにログインすると最初に表示される画面です。

Webサイトの概要が表示され、ワードプレスで何が起こっているかの概要を提供するガジェットのコレクションです。

クイックドラフトの作成、最新コメントへの返信など、クイックリンクを使用してニーズをカスタマイズできます。

6. 初心者向けのテーマ

ワードプレスで作成するホームページのデザインはテーマというテンプレートで作られます。

初心者向けのテーマはワードプレスをインストールした際に初めから入っているテーマが好ましいです。

ワードプレスは十分にセキュリティ対策を考慮する必要があり、ワードプレスが提供するテーマが無難です。 バージョンUP時に使えなくなるトラブルの心配も減ります。

7. プラグインの追加方法

テーマ以外にお問合せフォームを追加したり、SEO対策用の設定を行ったりするための様々なプラグインが利用できます。

プラグインの追加はキーワードを入力すればワードプレスの管理サイトから情報を取得して簡単に追加できます。

本など参考情報

初心者向けの本などワードプレス関連のその他の参考情報です。

初心者向けの本

やさしく解説しているワードプレス初心者向けの本を3つピックアップしました。

  • はじめての簡単WordPress入門[決定版]
    原 (著)、ISBN9784798037790
  • いちばんやさしいWordPressの教本
    石川、大串、星野 (著)、ISBN9784844337096
  • カンタン! WordPressでつくるビジネスサイト
    遠藤 (著)、ISBN9784802610247

初心者向けのその他の情報

ワードプレス初心者向けのその他の情報を5つピックアップしました。

  • ワードプレスはブログ用として発達したツールです。
  • 初心者向けの講座、セミナーをレンタルサーバ業者が無料で行っています。
  • アフィリエイトのプロもワードプレスを活用しています。
  • ワードプレスの機能を自作するのは初心者には難しいです。
  • まずは難しいパスワードなどセキュリティ設定が必要です。

WordPress(ワードプレス)とは―ホームページ管理用のCMS。初心者向けの解説。

WordPress(読み方:ワードプレス)とは、ホームページやブログ管理用のCMS(コンテンツ管理システム)です。 WordPressとはそもそもどのようなものなのか、WordPressの長所や短所など、WordPressは初心者という方向けに解説をまとめています。

詳細

更新履歴

  • 2020/3/29 ログイン方法について追記しました。
  • 2020/1/20 ワードプレスの使い方について追記しました。
  • 2019/12/13 ホームページの基礎知識について追記しました。
  • 2017/7/9 記事をUPしました。

戻る