名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ 馬とは

馬とは―漢字の意味、読み方、画数など

「馬」は、きてい目ウマ科の哺乳類を表す漢字です。意味、読み方、画数など、「馬」という漢字についてまとめています。

▲記事トップへ

「馬」のイメージ

「馬」という漢字のイラストです。「馬」のイメージを表現してみました。

「馬」という漢字のイラストー名科辞典

1. 意味

「馬」という漢字は、以下の意味があります。

  1. きてい目ウマ科の哺乳類
  2. 踏み台、脚立
  3. 競馬
  4. 将棋で、桂馬または成角の略称
  5. 「付け馬」の略
  6. 動植物などの同類の中で、大きなものの意を表す語

2. 読み方

読み方は、訓読みで「うま」「ま」、音読みは「バ」「メ」「マ」です。

3. 画数

画数は、10画です。

4. きてい目ウマ科の哺乳類

馬は、きてい目ウマ科の哺乳類です。

体の特徴

体は一般に大形で、顔が長く、たてがみがあり、長い毛の尾があります。

身体能力

力強く、走ることが速い。

性質

馬は、社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向があります。

人間との関係

古くから家畜とされ、農耕・運送・乗用・競馬などに用いられ、肉は食用です。

歴史

北アメリカ大陸原産とされますが、北米の野生種は、数千年前に絶滅しています。 欧州南東部にいたターパンが家畜化したという説もあります。 古くから中央アジア、中東、北アフリカなどで家畜として飼われた歴史があります。

更新履歴

  • 2021/12/12 記事をUPしました。

戻る

カテゴリ

検索

名科辞典とは

名科辞典は、辞典コンテンツを提供している辞典サイトです。 これは何?情報は?にこたえるコンテンツをテーマにしています。