名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ カウプ指数とは

カウプ指数とは―意味、計算式、計算方法

カウプ指数とは、乳幼児向けに成長のバランスを身長と体重から計算しようと考案された指標です。カウプ指数の意味、計算式、計算方法をまとめています。

1. カウプ指数とは

カウプ指数とは、英語で「Kaup index」といい、乳幼児向けに成長のバランスを身長と体重から計算しようと考案された比体重を評価するための指標です。

英語と正式名

カウプ指数は、英語で「Kaup index」といいます。

カウプ指数の正式名は、「カウプ・ダーブェンポート指数」。 英語で「Kaup Davenport index」と書きます。

計算方法

WEBツールを作成しました。体重(g)と身長(cm)を入力して計算ボタンを押せば算出されます。

--

体重(g)
身長(cm)

基準についての情報は「3. カウプ指数の計算方法」。

意味

カウプ指数の意味は、乳幼児向けに成長のバランスを身長と体重から計算しようと考案された比体重を評価するための指標です。

カウプ指数は、良好な成長は身長と体重のバランスがとれていて、ふとり過ぎや、やせ過ぎがないものと想定しています。 成長要素があり、月齢によって、若干基準値が変わります。

参考

身長と体重のバランスを見る指標には他に以下のようなものがあります。

  • ローレン指数 …学童向け
  • BMR …BMIの方が有効とされる
  • BMI …女性は別の掛け率がいいとも

2. カウプ指数の計算式

カウプ指数の計算式について見ていきます。

カウプ指数の計算式

計算式は以下になります。

カウプ指数
=体重(グラム)÷身長(cm)×身長(cm)×10

体重をkgにした場合

体重がグラムの場合の計算式は以下になります。

カウプ指数
=体重(kg)÷身長(cm)×身長(cm)×10000

難しく書くと

難しく書くと計算式は以下になります。

カウプ指数
=W(g)÷L(cm)2×10

カウプ指数
=W(kg)÷L(cm)2×104

参考

ローレン指数、BMIの計算式は以下になります。

ローレン指数
=W(kg)÷L(cm)3×107

BMI
=W(kg)÷L(cm)2

3. カウプ指数の計算方法

判断基準とカウプ指数の計算方法の例をまとめていきます。

WEBツールによる計算方法

1. カウプ指数とは」にWEBツールを作成しました。 体重(g)と身長(cm)を入力して計算ボタンを押せば算出されます。

高石(1970)の判定基準

高石(1970)の判定基準は以下とのことです。

  • 22以上 :ふとり過ぎ
  • 22~19 :優良
  • 19~15 :正常
  • 15~13 :やせ
  • 13~10 :栄養失調
  • 10以下 :消耗症

厚生労働省の判定基準

厚生労働省の調査報告では以下の判定基準が利用されているようです。

  • 18以上 :ふとりぎみ
  • 15~17 :ふつう
  • 14以下 :やせぎみ

参考)http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/tokubetsu/yougo.html

ただしい判定基準は?

判定基準はいろいろありそうです。月齢によって微妙に変わるとのことです。

調査の集計などの用途では、有効と思われますが、 自分の子供の健康の判断としては、骨太の子など個人差もありますし、あくまで参考という使い道でしょうか。

4. まとめ

カウプ指数とは、英語で「Kaup index」といい、乳幼児向けに成長のバランスを身長と体重から計算しようと考案された比体重を評価するための指標です。

カウプ指数は、良好な成長は身長と体重のバランスがとれていて、ふとり過ぎや、やせ過ぎがないものと想定しています。 成長要素があり、月齢によって、若干基準値が変わります。

調査の集計などの用途では、有効と思われますが、自分の子供の健康の判断としては、骨太の子など個人差もありますし、あくまで参考という使い道と思います。

更新履歴

このページの更新履歴です。

  • 2017.03.09 ページをUPしました。

戻る