名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ 弔電とは

弔電とは―読み方は「ちょうでん」。意味、NTTの電話番号は115などの情報

弔電とは何かをテーマに読み方や意味、NTTの電話番号は115などの情報をまとめています。

1. 弔電とは

弔電とは、読み方は「ちょうでん」で、NTT東日本、NTT西日本のD-MAILや郵便局のレタックスなどのサービスを使用して、亡くなられた方へのくやみの電報を送ることをいいます。

読み方と意味

弔電の読み方は、「ちょうでん」です。

弔電は、くやみの電報のことを意味します。

弔の字の意味

の字は、死者の霊をたずねて慰めること。死者をいたみ、くらみをのべることを意味します。

電報とは

電報は、電信によって文字や符号を送ること。電気通信手段で電信内容を送って、紙などに印刷して配達するサービスです。

NTT東日本、NTT西日本には、D-MAIL、郵便局には、レタックスというサービスがあります。

弔電の英語

電報は、英語で「condolatory telegram」などと訳します。

たとえば、「弔電を打つ」は「send a telegram of condolence」とします。

2. 弔電の打ち方、NTTの電話番号など

弔電はどのように送るのでしょうか。弔電の打ち方についてまとめていきます。

何時までに届けるか

弔電は、葬儀・告別式の前日までに喪家または式場に届くように送ります。

NTTは電話番号115でも申込できる

弔電はNTTの場合、電話番号115番でも申し込むことができます。

受付は8時から22時で年中無休です。

電報料金は申込した電話番号へ請求されます。

宛先は?

宛先は喪主です。

喪主の名前がわからないときは、故人の名前に添えて「ご遺族様」とします。

差出人の名前はフルネームにします。

文例は?

文例は電話口で案内してくれます。たとえば以下のような文例があります。

文例1)ご逝去(せいきょ)の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

文例2)ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び(しのび)、謹んで哀悼の意を表します。

更新履歴

更新履歴になります。

  • 2016.09.11 ページをUPしました。

戻る