名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ AirBarとは

AirBarとは―ノートパソコンのモニタをタッチパネルに!USBケーブル式

AirBarは、ノートパソコンのモニタをタッチパネルにするディバイスです。USBケーブル式で、USBケーブルをUSBに差し込んで取り付けるだけでノートパソコンの画面がタッチパネルになります。

USBで取り付けてタッチパネルに!

AirBarは、ノートパソコンのモニターをタッチパネルにするディバイスです。

USBケーブルでつないでつなぐだけで、ノートパソコンの画面がタッチパネルになります。

AirBarは、取り付けしきなので、対象OSなどの制限はありますが、どのノートパソコンも画面がタッチパネルにできそうですね。

AirBarとは

AirBarとは、ノートパソコン用のUSBケーブル接続式のタッチパネル化デバイスです。

AirBarは、棒状のデバイスをノートパソコンのモニターの下に配置して、デバイスのUSBケーブルをUSBの差し込み口につないで使用します。

AirBarのサイズは、15.6インチのノートパソコン用に設計されています。

対応OSはWindows 8/10とChromebookで、Macは制限があるようです。

AirBarの製品ホームページのURLは、製品ホームページ(http://air.bar/)です。 (以下は、2016年1月現在のイメージ)

AirBarの製品ホームページ

タッチパネルとは

タッチパネルは、タッチパネル画面に手で触れて入力する装置です。

タッチパネルは、スマートフォンやタブレット、電車の切符の券売機、銀行のATMなどで使われています。

USBケーブルとは

USBケーブルは、USBの差し込み口に対応したケーブルです。

USBとは

USBは、USBメモリなどで使われているパソコン用のケーブル接続の差し込み口の規格です。

USBは、ハブを介してパソコンなどに最大127台の機器をツリー上に接続できます。

機器の接続を自動的に認識する機能(プラグ・アンド・プレイ機能)や、パソコンや機器の電源を入れたままでコネクタの抜き差しが出来る機能(ホット・プラグ機能)を持ちます。 また、機器への電源供給も可能です。

USBは、接続する周辺装置はすべて同じコネクタとケーブルで統一しています。 転送速度は、USB1.1で12Mbps、USB2.0で480Mbps、USB3.0で5Gbpsとなっています。 USBを使うときは、USB3.0を選ぶといいですね。

戻る