名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ 使役動詞とは

使役動詞とは―使い分け、let、makeの例文など。

使役動詞とは何か、読み方と意味、使い分け方法、let、makeの例文などの情報をまとめました。

1. 使役動詞とは

はじめに、使役動詞とはどのようなことばか見ていきます。

使役動詞とは

使役動詞とは、「make」「let」など、「(...に)~させる」という意味を表す動詞のことを言います。

使役の読み方

使役の読み方「しえき」です。

使役の意味

  1. 人を使って何かをさせること。働かせること。
  2. 文法で、ある行為を他人に行わせることを表す言い方。動詞に、文語では助動詞「す」「さす」「しむ」など、口語では助動詞「せる」「させる」「しめる」などを付けて言い表す。

2. 使役動詞の使い分け

次は使役動詞の使い分けについて見ていきます。

letとmakeの使い分けは?

letとmakeどっちも使役動詞で似たような動詞です。 使い分け方法について見ていきます。

使い分け1-強制ではないときはlet

使い分けとして強制ではないときはletを使います。

例文)The teacher lets me explain(先生は私に説明させる)

使い分け2-強制のときはmake

強制の意味合いのときはmakeを使います。

例文)The teacher makes me explain to you(先生が私に説明させる)

3. 使役動詞のlet、makeの例文

使役動詞のlet、makeの例文を見ていきます。

使役動詞のletの例文1

  • Let me explain my plan
  • (私の計画を説明させてください)

使役動詞のletの例文2

  • The boy won't let other children play with his toys.
  • (その男の子は他の子供に自分のおもちゃで遊ばせようとはしない。)

使役動詞のmakeの例文1

  • My mother made me wait outside the store.
  • (母は私をその店の外で待たせた。)

使役動詞のmakeの例文2

  • He made me come against my will.
  • (彼は私が嫌がるのを無理に来させた。)

4. まとめ

使役動詞とは何か、読み方と意味、使い分け方法、let、makeの例文などの情報をまとめました。

使役動詞のletとmakeですが、letは強制じゃなくて、makeは強制のような使い分けがあるようです。

更新履歴

このページの更新履歴です。

  • 2018.03.17 ページをUPしました。

戻る