名科辞典―これは何?情報は?にこたえるコンテンツ

トップ 謙譲語とは

謙譲語とは―意味と「行く」「食べる」「見る」などの例

謙譲語とは何か、意味と「行く」「食べる」「見る」などの例をまとめています。簡単に尊敬語の例も記載した一覧もいれて、わかりやすくまとめました。

1. 謙譲語とは

謙譲語とは、読み方は「けんじょうご」。敬語を3分類したものの1つです。

2. 謙譲語の意味

謙譲語の意味を簡単に見ていきます。 敬語や尊敬語との違いを見ながら意味をとらえるとわかりやすいと思います。

主な意味

  1. 自分から相手または第三者に向かう行為・物事などについて、その向う先の人を敬って述べる場合に用いる
  2. 自分や敬う必要のない第三者の行為や物事について、話す相手に対して丁重に述べる場合に用いる

尊敬語との共通点

謙譲語は尊敬語と同じく話題の人物への敬意を示します。

尊敬語との違い

尊敬語は動作の主体、つまり主語の人物を高める表現です。 謙譲語はその逆です。主語の人物を低めます。 尊敬語は相手が主語のとき、謙譲語は自分が主語のとき、というとわかりやすいと思います。

敬語とは

敬語とは、話し手による対人関係のわきまえ、特に敬意・へりくだりなどの気持を表す言葉づかいを言います。 敬語には①尊敬語、②謙譲語、③丁寧語の3分類があります。

3. 「行く」「食べる」「見る」などの謙譲語の例

「行く」「食べる」「見る」などの謙譲語の例をわかりやすく簡単に見ていきます。

行く

  • 謙譲語

    参ります。伺います。例)(主語は私)先生、今から伺います。

  • 尊敬語

    いらっしゃる。例)(主語はお客様)いらっしゃいませ。

食べる

  • 謙譲語

    いただく。例)(主語は私)ママ、いただきます。

  • 尊敬語

    召し上がる。例)(主語はコック)さあ、召し上がってください。

見る

  • 謙譲語

    拝見する。例)(主語は私)ありがとうございます。拝見いたします。

  • 尊敬語

    ご覧になる。例)(主語は上司)今朝のニュース、ご覧になりましたか。

その他

  • 聞く

    謙譲語)伺う、拝聴する、お聞きする。尊敬語)お聞きになる、聞かれる。

  • 言う

    謙譲語)申し上げる、申す。尊敬語)おっしゃる。

4. まとめ

謙譲語とは何か、意味と「行く」「食べる」「見る」などの例をまとめています。簡単に尊敬語の例も記載した一覧もいれて、わかりやすくまとめました。

謙譲語とは、敬語の1つ。尊敬語と同じく話題の人物への敬意を示す。尊敬語と違って、動作の主語の人物を低める表現。といった意味の言葉です。

重要なのは、動作の主体をおとしめるわけではなく、その動作のおよぶ相手を間接的に高めたり、聞き手への敬意を表したり、さりげなくすることにあると思います。

更新履歴

このページの更新履歴です。

  • 2018.02.25 ページをUPしました。

戻る